清潔な治療環境を提供します

歯科医院が清潔であることは「いい歯科医院」の条件の1つでもあると思っています。

歯科治療には「歯を削る」「歯を抜く」などの他にも様々な処置があり、治療に使う器具には
必ず唾液や血液が付着します。そのため細やかな感染予防策がとても重要です。
 
 
POINT1グローブ
治療時には、お口の中を直接素手で触らないようにグローブ(手袋)を装着し
患者様ごとに使い捨てにします。

 
POINT2滅菌した器具を使用
診療テーブルのバット上に用意されている器具は滅菌されたものです。
滅菌された時点で、細菌は全て死滅しています。
 
 
POINT3切削器具
歯を削る時に使うエアタービンなどの切削器具は使用のたびに滅菌します。
滅菌により切削器具の寿命は短くなりますが、それ以上に衛生管理を重視しています。
 
 
POINT4コップやエプロン
患者様が使用する紙やエプロンなどは使い捨てにして感染リスクを減らします。
 
 
POINT5ユニット・テーブル
治療により見えない唾液や血液、歯質の粉塵などが飛び散っていることがあります。
これらをしっかり拭き取ります。
 
 
 
 
 
滅菌と消毒ってなにが違うか知っていますか?
滅菌とは器具についている菌をすべて滅ぼし、消毒は器具についている菌を感染症を
引き起こさないレベルまで減少させます。
 
 
滅菌がもっとも厳重な方法です。材質、構造、大きさなどにより滅菌処理が難しい器具には消毒を行います。
除菌や抗菌では菌を滅ぼすことは出来ません。
 
 
 
使用する器具は数多くありますが、それぞれの衛生管理を徹底し院内感染の防止に努めています(^^)