治療が中断されたままになっていませんか?

むし歯や歯周病で痛みが出て歯医者に通い始めたものの痛みが無くなって
通院をやめてしまったという方、いらっしゃいませんか??
それは大変危険な事なのです。様々なケースで考えられるデメリットを考えてみましょう。
 
 
1・むし歯の治療予定の歯を治療しなかった場合
   1~2回の簡単な処置で終わるような治療のはずがむし歯がどんどん進行したために神経をとったり、
   最終的に抜歯せざるを得なくなるケースも出てきます。
   そうなると時間も費用も余計にかかるようになります。
 
 
 
2・神経の治療途中で中断してしまった場合
   むし歯で痛くなって神経をとると痛みは無くなります。そこで中断してしまうと今度は根の先に
   病巣ができ骨が腐っていきます。そうなると治療に余計に時間がかかるようになり最悪、
   抜歯という事になります。
 
 
 
3・型取りをして被せ物をする段階で中断した
   場合型取りをして中断し時間が開くと歯が動いてしまうため合わなくなり再度、作り直す事になります。
   そうなると費用も余計にかかるようになり噛み合わせにも悪い影響がでます。
 
 
 
4・仮歯のまま中断になったケース
   仮歯はあくまで仮歯、本物の歯が入るまでの暫定的な物になりますので材質的にも強くなく
   とれやすいセメントでつけてあります。壊れてしまってもすぐには作ることができません。
 
 

5・歯周病の治療を中断してしまった場合
   歯周病などが原因で歯肉が腫れた場合、膿を出せば腫れは落ち着き痛みも取れてきますが、
   歯周病が治ったわけではありません。そこで中断してしまうと歯周病は無症状のままにどんどん進み
   やがて歯を支える骨を溶かして歯がグラグラになっていき最終的に抜歯という事になります。
 
 
 
治療を中断しているかたは歯を失うことがないように治療を早めに再開していきましょう!!