歯周病菌は妊婦さんが大好き!

「妊娠してから歯ぐきが腫れやすくなり、歯磨きすると血がでます。」
という声を妊婦さんからよく聞きます。
 
 
 
 
なぜ妊娠すると歯周病になりやすくなるのでしょうか?
 
 
 
 
 
子宮やおっぱいを大きくし、胎児が元気に育つようにからだを変化させる女性ホルモン。
歯周病菌の仲間にはこのホルモンを栄養源とするものがいて、
女性ホルモンが豊富な妊婦さんの歯ぐきが大好き!さかんに増殖し活発に活動します。
 
 
 
 
 
そのため妊娠中は、普段歯ぐきが腫れない人も歯周病の初期症状「歯肉炎」になりやすく
歯周病(歯周炎)のかたは進行しやすいです。
 
 
 
 
 
 
歯周病の炎症は低体重児出産(早産)と関連するといわれ、赤ちゃんの成長に影響を与えかねません。
早期に歯科検診を受けて、歯周病を治療&予防しましょう!!