当院では少しでも痛みのない無痛治療を目指して取り組んでおります。

虫歯治療の際の麻酔そのものが痛いから嫌だという方、いらっしゃると思います。当院で行っている無痛麻酔の方法について解説してみたいと思います。当院では少しでも痛みを感じにくいよう最善の方法をとっていますので安心してご来院ください。

①まず粘膜に表面麻酔薬の軟膏を塗ってしばらく放置します。それにより針を刺す場所の知覚を鈍麻させてチクッとした感じを少しでも和らげることができます。

② 麻酔薬をあらかじめ体温と同じ37度くらいに温めておくことで注射液が入ってきた時に痛みを感じにくくなります。

③ 注射針は細ければ細いほど痛みを感じなくすることができます。当院で使用している注射針は、一番細い針(31~33G)を使用しています。蚊にさされても感じないのは蚊の針が細いからなのです。

④ 電動麻酔注射器を使って一定の速度でゆっくりと麻酔液を注入すると痛みを感じにくくする事ができます。

かみむら歯科矯正歯科クリニックでは、出来るだけ無痛治療を目指して診療を行なっていますがこれだけのことを行っても全く痛みを感じないかと言うと個人の痛みに対する閾値の違いにより感じる場合はもちろんあります。しかし、しないよりは全然、痛みの感じ方は違うはずです。当院では麻酔ひとつとっても出来るだけ患者さまが痛みを感じずにストレスなく治療を受けられるよう配慮しながら診療を行っております。歯医者さんが怖くてなかなか行けないという方も安心してお越しいただきたいと思っております。虫歯治療のご相談はお気軽に当院までご連絡ください。