二度と痛い思いはしたくない!むし歯予防をはじめよう。

治療した歯やまだむし歯になっていない歯を守るために、正しい予防を始めましょう!
 
 
「磨いている」と、「磨けている」は違います。
自分では歯を綺麗に磨けているつもりでも、実は汚れは落としきれていません。
特に歯ブラシの届きにくい部分は要注意。むし歯になる確率が高くなります。

【むし歯になりやすい箇所をチェック!】
✔歯と歯の間や歯と歯茎の間・・・歯ブラシの毛先がうまく届かず、汚れを十分に取り切れない。
 
✔奥歯の溝・・・溝が複雑な形になっており、歯ブラシが届きにくいため、汚れが溜まりやすい。


 
 
日々の生活が悪影響になってしまうことがあります。特に、だらだら食べは歯の大敵。むし歯を育てる原因です。 
 
・歯磨きは1日1回で3分以下・口の中がよく乾く・間食や、だらだら食べることが多い・歯並びが悪い
・甘いものをよく食べる・詰め物、かぶせものが多いなど。当てはまる項目が多い人は危険です!
 
 
  
毎日の歯磨きを確認してみましょう!
必要以上に歯磨き剤をつけたり、ゴシゴシと強く磨いたりするのはNG!!
 
POINT1歯茎と歯の境目にブラシを当てる
 
POINT2毛先が広がらない強さで動かす(約150g~200g)
 

POINT3小刻みに動かしながら、丁寧に磨いていく
 
 
 
歯ブラシだと60%、歯間ブラシやフロスをプラスすると85%ほど汚れを落としきれると言われています。
定期検診も忘れずに受けてくださいね♪