マイナス1歳からの予防歯科

マハロ会では、マイナス1歳からの予防歯科を薦めています。
 
 
 
生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌を持っていません。
虫歯菌は歯の無いところには定着しないからです。では虫歯菌はどこからやってくるのでしょうか?
それは周囲の大人達、特に最も赤ちゃんと接する機会が多いお母さんの口の中から感染するのです。
 
 
 
生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月が「感染の窓」といって、最も感染しやすい時期とされています。
また、感染する時期が早ければ早いほど、将来のお子さんのお口に住みつく虫歯菌の数が
多くなると言われています。逆に言うと、感染の時期を遅くすることで虫歯菌の数を少なくすることができるのです。
 
 
 
 
お母さんと子どもの口腔内環境は似てきます。
お母さんが虫歯になりやすかったら子どもも同じことになるのです。
 
 
 
マイナス1歳からの予防歯科は、子どもの虫歯リスクを減らすため周囲の人を含め、
特にお母さんが取り組む予防歯科になります。