キシリトールはむし歯予防に良い!?

噛み続けるといいことたくさん!!
キシリトールはなんでいいのか、その理由についてお話したいと思います。
 
 
 
【唾液の分泌を促進する】
   キシリトールガムは砂糖と同じ甘さがあるため、噛むと唾液の分泌が促進されます。
   唾液はお口の中のお掃除をします。また、唾液にはむし歯の原因となる「酸」を中和し
   再石灰化を促す作用もあります。
※再石灰化とは・・・歯の表層から失われたカルシウムが、唾液により再び補われる現象
 
 
 
【むし歯の原因となる酸をつくらせない】
   むし歯菌は甘いものが大好き。糖を食べて「酸」を作ります。
   しかしキシリトールの甘みはむし歯菌のごはんにはならないため「酸」を作り出すことはできません。
   そのためむし歯にならないのです。
   ごはんがないむし歯菌は弱くなり、次第に数も減っていきます。
 
 
 
つまり、キシリトールはお口の中のむし歯菌の増殖を抑え、むし歯菌ができにくい環境をつくります!!
  
 
 
 
 
 

 
 
Q・いつ摂取するのがいいの?
   一度にたくさん摂るより、毎日続けて摂りましょう。
   食後はもちろん、だ液の量を増やしたい人は食前の摂取もおすすめ。
 
 
 
Q・噛み方のポイントは?
   ガムを噛み始めて最初に出てくるだ液にはキシリトール成分が多く含まれています。
   すぐに飲み込まず、お口の中にいきわたらせるように意識すると効果的です。
 
 
 
むし歯になりやすい人、だ液の少ない人、ストレスの多い人、こんな人はぜひ活用してほしいです!!
毎日の歯磨きと合わせて活用しましょう。