インプラントとブリッジ、それぞれのメリット、デメリットについて

虫歯や歯周病、外傷などが原因で失った歯を補う方法として入れ歯、ブリッジ、インプラントという3つの方法があります。今回はインプラントとブリッジのそれぞれのメリット、デメリットについて解説したいと思います。

ブリッジでの修復
インプラントでの修復

まず、ブリッジは入れ歯と違って装着感が良く慣れてくるとほぼ違和感なく使える反面、失った歯の両サイドの健康な歯を削って被せ物でつながなければならないため大きく削ることによって後で歯がしみたり、傷んだりするケースがでてきます。そのため全てではありませんが、あらかじめ土台になる歯の神経を抜かなければならない場合がありこれが最大のデメリットと言えるでしょう。

一方、インプラントは歯を失った箇所に人工歯根を埋めてその上にセラミックなどで被せ物を装着するというものなのでブリッジのように隣りの歯を削ることもありません。デメリットといえばオペが必要、保険が効かないので治療費が高額になる、治療期間が長いなどがあげられます。

それぞれの治療法にはメリット、デメリットがあるのでそれらを充分理解した上で患者さん自身にあった方法を選択して欲しいと思います。