「親知らず」放っておいたらどうなるの??

「親知らず」とは前から数えて8番目の歯です。
18~20歳ごろ、親元を離れ自立する頃に生えてくることから「親知らず」と呼ばれます。
 
 
親知らずは正しく生えないことが多いため周囲で細菌が繁殖しやすく、歯肉や歯槽骨に炎症が起きやすいので痛みがでることがよくあります。
普段でも痛みを感じない程度の炎症は続いており、特にひどい炎症は下顎の親知らずの周囲のに起こりがちです。

 
 
親知らずで起こるトラブルをご存知ですか??
手前の歯との接触部分や磨けない場所が大きなむし歯になったり、溜まった汚れにより歯茎が腫れたり口臭の原因にもなったりします。
そして手前の歯を支える骨を溶かしてしまうこともあるのです。
 
 
 
失った歯や歯茎は元には戻りません。
 
 
 
トラブルの可能性が高い場合には抜歯をおすすめします。
ただ、痛みが出たからといって必ず抜くわけではありません。抜歯したほう良いか詳しく検査して対応しますので

怖がらず、まずはご相談ください(^^)