歯ぎしりは歯の天敵!?

睡眠中の歯ぎしりにより歯にかかる力は、食事中の数倍の50Kg以上と言われています。
これは覚醒時には考えられないほどの強い力です。
 
 
【歯ぎしりの主な原因】
ストレス:歯ぎしりの原因の多くを占めています。夜間の歯ぎしりだけでなく、
      昼間の食いしばりも問題です。寝ている間の歯ぎしりは、自覚がないため非常に厄介です。
 
 
飲酒・喫煙:アルコールやニコチンの過剰摂取は、睡眠の妨げとなり、歯ぎしりを引き起こします。
 
 
噛み合わせ:歯並びが悪いと、噛み合わせが合わず、特定の歯だけが強く接触してしまいます。
 
 
 
【歯とその周囲に与える影響とは?】
強い力により、歯が大きくすり減ります。歯の形が崩れることにより、咀嚼機能が低下し、
象牙質が露出すると冷たいものがしみることがあります。
また、その欠けた部分から菌が入りむし歯や歯周病の原因にもなるのです。
肩こりや頭痛を引き起こすなど、身体にも悪影響を及ぼす可能性があります。
 
 
 
 
歯ぎしりの自覚がある人は悪化させないためにも、今から予防することが大切です。
また歯科医院で定期メンテナンスを受け、歯をしっかり守っていきましょう。
歯ぎしりの予防で大事なことは、適度な睡眠、適度な運動、生活習慣の見直しです!!
 
 
歯ぎしりについてお悩みの方はお気軽にご相談ください♪
 
 
 
 
こんな人は要注意!!歯ぎしりチェックリスト
◇朝起きると奥歯や頬が痛い
◇歯のすり減りが大きい
◇集中しているときに歯を食いしばっている
◇冷たいものを飲むと歯がしみる
◇原因不明の肩こりや頭痛がある