人生最後の日、あなたは何を食べたいですか?

もし明日が人生最後の日だとわかったら、最後の食事にあなたは何を選びますか?
お寿司やステーキ、ハンバーグ、お米などなど、、、ほとんどが歯が健康だからこそ食べれるものですね。
 
 
 
 
みなさんが食べたいと選ぶものほど硬いものが多く、歯が残っていないと食べられないものばかりです。
歯が20本以上あれば、たいていのものは何でも美味しくいただけます。
反対に、残っている歯が少ないと軟らかいものしか食べられません。
 
 
 
残っている歯が少ないとどうなるのでしょうか。
歯の本数が減ったり、お口の健康状態が悪いと限られた食事しか摂ることができなくなり、
栄養不足にもつながってしまう可能性があります。

 
 
 
まずは、肉・根菜類など硬いものが食べれず、タンパク質や食物繊維が不足します。
それにより手軽に食べれるお菓子の間食や炭水化物が増え、糖質過多で肥満になり、
糖尿病になるリスクが上がります。

 
 
 

さらにもっと歯を失うと、食べたいのに食べられないということがストレスになり、
食べること自体が苦痛、楽しめない、面倒くさくなっていきます。

 
後悔しても失った歯は戻りません。
人生最後の日でなくても、いつでも好きなものを食べたいですよね!
そのために、定期メンテナンスに通い、歯を守りましょう!!