お口が支えるQOL

QOL(クオリティーオブライフ)とは、「生活の質」などと訳され生きるうえでの満足度を表します。
高齢になっても自分の歯でしっかり噛める人は、そうでない人よりよりもQOLが高く、
幸福感を感じていることが分かっています。
 
  
 
 

 
【生活を支える歯の役割】
・食事を楽しむ
  健康な歯だからこそ、好きなものを食べたり、家族や友人と食事を楽しむことができます。
  また、バランスよく栄養を摂取することは健康維持の基本です。
 
 
 
・会話を楽しむ
  大きく口を開けて笑ったり、楽しくおしゃべりすることは人の心を明るくしてくれます。
  同時に脳の活性化につながると言われています。
 
 
 
・健康で若々しい毎日
  噛むことと生活の自立度は関連しています。お口が健康だと、旅行や買い物に行く、体を動かすなど
  充実した日々を送れる可能性が高くなります。
 
 
 
歯の欠損や嚥下障害など、お口の機能が低下した状態を「オーラルフレイル」といいます。
オーラルフレイルが続くと、いずれ心や体にも影響してしまうのです。
 
 
お口の健康が生活に与える影響はとても大きいです。
できるだけ多くの歯を健康に保てるよう、お口の健康管理を一緒にしていきましょう♪
 
 
 
【歯を健康に保つコツ】
1・食生活
  バランスの良い食事を心掛け、よく噛んで食べる
 
 
 
2・毎食後の歯磨き
  食後はなるべく20分以内・毎食歯磨きする
 
 
 
3・歯科医院でのメンテナンス
  定期的に歯垢・歯石を除去し、お口の中をチェック