【理事長活動報告】1月31日(日)/国際歯周内科学研究会ツカモトセミナー@八重洲ホール

2016年1月31日(日) 国際歯周内科学研究会ツカモトセミナー 八重洲ホール

国際歯周内科学研究会ツカモトセミナーに参加して参りました。
image2

位相差顕微鏡を用いて、口腔内細菌叢を確認しスピロヘータやカンジダ菌が確認された場合、
アジスロマイシンやハリゾン、ファンキゾンシロップなどの抗真菌剤や
類似効果のあるペリオバスターなどの歯磨き剤を用いて口腔内菌叢を理想的に改善し
歯周病を治療していくという方法について学んで参りました。
image

先日、講義を受けた3DS療法とコンセプトは同様で口腔内の菌質管理をしていくことで
歯周病にアプローチする方法で、既存のスケーリング、SRP、PMTCに加え、
歯周内科学要素を取り入れていくことによって、更なる歯周病の改善が見込めると確信致しました。

明日からの臨床に是非、取り入れてまいりたいと考えております。

image3