インプラントの歴史

インプラントの歴史を見てみましょう。
そもそもインプラントとは、体内に埋め込む医療機器の総称で歯の欠損部を補う目的ということでいうと正確にはデンタルインプラントと言います。しかし一般的には、歯科で行われるインプラントが「インプラント」という言葉で広く認知されているようなので以下インプラントという言葉でお話しさせていただきます。インプラントの歴史は古くヨーロッパでは紀元3世紀頃のローマ時代の人骨にインプラントらしきものが埋まっている人骨が発見されています。このように、インプラントの歴史はとても古いのですが、治療法として確立され一般的に普及してきたのはごく最近のことです。
1952年にスウェーデンのブローネマルク博士がチタンと骨の組織が親和性良く結合するオッセオインテグレーションという概念を発表したことによってインプラントは急速に発展してきました。1965年にはスクリュー形のチタン製のインプラントの臨床応用が開始されインプラントの臨床成績は著しく向上しました。このように骨と結合するインプラントの臨床成績が優れていることが広く知られるようになったのは、1980年代になってからです。我々、歯科医師が臨床の現場でインプラントをするようになったのもこの頃からだったと記憶しています。その後もインプラントには様々な改良が加えられ、現在では10~15 年の生存率は上顎で約 90%程度、下顎で 94%程度まで臨床成績がさらに向上しているのです。
約10~15年たっても約9割の方がインプラントを保持しているわけですがケアを継続的にしっかり行っていれば正確な平均寿命はもっと長く40年以上長持ちするケースもあるのです。インプラントには、入れ歯のような鬱陶しさがなくブリッジのように欠損部の両隣の歯の健康な歯を削る必要がないなどのメリットもありますが費用が高い、オペが必要、治療に時間帯がかかるなどのデメリットもあります。歯を失った場合はブリッジ、入れ歯、インプラントの中から患者さん個々にあった方法を選択して快適な食生活を送れるようしていきましょう。

当院施術例、左下にインプラント2本を埋入しブリッジで修復した症例